読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

復帰して、浦島太郎から現役冒険者へジョブチェンジした思い出

FF11

前回は初めてヴァナに降り立った思い出でしたが、今回はすっ飛ばしすっ飛ばしすっ飛ばしまくって一年くらい前のお話。あれ、復帰したのってもうちょっと前だったっけ?

 

まぁ誤差だよ誤差!

 

 

 

私はアビセアが実装される前に一度休止しており、その後アビセア面白そうだなぁと思ってちょこっと復帰して、その後アドゥリンが実装されるだいぶ前にまた休止していた人間ですので、なんかもう隙間隙間だらけのすきっ歯すきっ歯マナクリッパーみたいな感じなんですけど大丈夫ですかね?

 

強さは?

トラ

おk

 

まず一年前ほど前に復帰した自分のキャラのジョブレベルは最大でも90でした。

あれ?85? ちょっとうろ覚えですね。まぁ現在のカンストレベル99ではなかったのでまずはレベル上げからスタートしましたね。

私が知ってる最大効率のレベル上げと言えばアビセアでの集団乱獲&箱開けによる、なんかパチンコとかスロットのフィーバーが延々と続くようなレベル上げだったんですが、当然そんなものはとっくに廃れてまして。したがってソロでGoVというものを使いながらのレベル上げからスタートでした。

GoVってなんじゃい!って方もいられるかと思いますが、これはフィールドとかダンジョンごとに設定されたお題みたいなもので、「こいつとこいつを3匹ずつ倒したら経験値くれてやるよ」的なものです。モンスターを倒した時にもらえる経験値とは別に達成するごとに経験値がもらえるのでなかなか美味しいお題でございます。

今はこのGoV(グランド・オブ・ヴァラー)を併用するのが主流、というかモンスター一匹からもらえる経験値が1000とか普通に超えるので今はめちゃくちゃレベル上げがしやすくなっているんですよね。

まぁそんな感じでらくらくスマホみたいに初めての人でも苦手な人でもどんな人でも、楽ちん○んにレベル上げが出来る状態でしたのでレベル上げはそんなに苦ではなかったですね。

 

その後はレベル99になったので、とりあえずIL(アイテムレベル)が付いた装備の取得に乗り出しました。

アイテムレベルとは、レベル99の限界を超えてキャラクターを装備で強化しちゃうぞ☆って感じの超びっくりなプロパティが付いている装備たちを指すんですが、これがあるかないかで、同じ99レベルのジョブでも雲泥の差が生まれてしまいます。ちなみに現在はIL119が最大です。

そしていざIL装備取ったるぞ!って段階で「開発陣優しいなぁ」と感じたのが、簡単にILが付いた装備を手に入るシステムを構築していたこと。そう、それがエミネンス・レコード

なんか説明挟みながらで申し訳ないんですが、エミネンス・レコードっていうのは冒険者のプレイの軌跡を記録して、それに対して報酬をプレゼントしちゃうシステムです。

例えば、「このミッションクリアしたら、エミネンスポイントプレゼント!」とか、「モンスターにたくさんダメージ与えたらエミネンスポイントプレゼント!」とか、「30匹魚釣ったらエミネンスポイントプレゼント!」みたいなのがたっくさんあるんですよ。謙虚さの欠片もない大盤振る舞い。これにはブロントさんもおいィ?です。

で、それらを達成してもらえるポイントを使ってILが付いた装備をお手軽にゲットできちゃうわけなんですね~。

復帰者の人なら過去にプレイしていた時に成し遂げたものがこのエミネンス・レコードにもあると思うので、モグハウスでボタンポチポチしているだけでかなりのポイントが貰えるんじゃないでしょうか。実際私でもかなりの項目を達成していましたし。

 

まぁそんな感じでジョブレベルを99にしさえすればその後は一気に出来ることが広がりまくりんなので、そこからいろんなことに手を出しましたね。

例えば、止まっていたミッションを再開してサクサクっとエンディングまで進めたり、新しい拡張ディスクであるアドゥリンエリアのコンテンツに手を出したり、昔勝てなかったNMと戦って戦利品を漁ったり・・・などなど。

とにかく昔は出来なくて放置していたり、諦めていたものが遊べる!ってのが、個人的にはすごく嬉しくて楽しかったですね。

特に私はぼっちで遊んでいたので、昔はソロの壁にぶち当たっては玉砕してモグハウスで涙を流しながらミスラのSSフォルダを眺めていたものです(ウィンダスのガードのミスラかわいいよね!あと漁師ギルドで餌撒いているミスラも!)。

 

あー!あと忘れてはいけないのが「フェイス」の存在。これがなかったらきっと復帰しても今日まで続けてなかったと思います。

案の定説明になりますが、フェイスってのはヴァナの世界にいるNPCをお助けキャラとしてパーティに召喚しちゃおうっていう魔法です。うん、魔法です。分身を呼ぶ魔法です。実際のNPC本体はいなくならないので安心してください。

このフェイスってのが実に優秀で、例えば「クピピ」たんなんかはウィンダス白魔道士NPCとして有名かと思いますが、冒険者が毒になった時なんかは1秒立たずにポイゾナ飛ばしてくる、某プロ格闘ゲーマーもびっくりの超反応をかましてくるんですが、これがホントにすごい。計り知れない強さです。

他にも個性豊かなフェイスがたっくさんいますので、みんな大好きプリッシュやアフマウ、リリゼット、あとはザイドとかマートとかマートとか好きなのを呼んじゃえばいいんじゃないかな!

そんな感じで自分の好きなNPCたちとも一緒にパーティが組めちゃうんですよ。

フェローと違って最大5体(プレイヤーを入れて6人パーティ)まで呼べるので、回復、盾、アタッカー、支援などなど、パーティ構成は自由自在です。

この組み合わせを考えてガチでバトルしてもいいですし、面白い組み合わせを考えて一人ムフフと妄想しながら遊んでもいいですしおすし。可能性はユニヴァーッス!って感じっす。台詞も喋ってくれるので雰囲気も5割増しですよ。

 

もう今はフェイスなしの生活には戻れないの・・・と、完全に毒されてヌルゲーマーになってしまった私ですが、開発側も今だに新しいフェイスを追加してくる気概を見せつけておりますので、ぜひとも一度遊んでみて欲しいところでございます。

 

 

まぁ何が言いたいかと言えば「昔遊んでたやつちょっと来いや」ってことですね。

月額1300円ちょいなんだし、スマホゲーでガチャ回さずに一月だけFF11に課金してもいいんじゃないの?って思うわけですよ。いや、ガチャはバンバン回してもらってもいいんですけどね!

 

 

昔一緒に遊んでいたフレンドや、バカなチャットを毎晩繰り広げていたリンクシェルはもうないかもしれないけど、飽きるほど眺めた景色や寝落ちするまで聴いたBGMはまだそこにあります。一度世界を眺めるだけでもいいので遊んでみてはいかがでしょうか。